Search this site
あるときは船より高き卯波かな  鈴木真砂女

**********************

銀座の小料理屋「卯波」の日々を、
そこで働くスタッフたちが綴ります。

*****************

中央区銀座1-5-14 B1
Tel:03-6228-6898
営業時間 17:30〜22:30(土日祝・定休)
<< 夏休みはいかがお過ごしですか? | TOP | まだ少し時間はありますが、閉店のお知らせです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
最近、最も納得した台詞

「...顕微鏡ができる前...
人間にとっての世界はもっと大雑把なものだった。」
「望遠鏡ができる前、世界はもっと小さかった。」
「今、見えているものが.........
世界のすべてとは限らないだろう?」

               ー海獣の子供 第2集ー



この漫画はやばい。
海人の心を鷲掴みだ...

今の日本の文壇は、作為とあざとさとコマーシャリズムに満ちあふれた薄っぺらな小説ばかり。
漫画の方がよっぽど文学的な質が高い。
韻文の世界はまだマシな気がするが、所詮力がない。
映画も、一時、邦画の質がとても良くなったと思っていたら、またしても売らんかなのくだらない作品ばかりに逆戻り。
今や日本の文化を担っているのは漫画なのかも...
(でも、アニメはちょっと...)
posted by 卯波 | 05:30 | - | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 05:30 | - | - | - |
コメント
札幌発。
先日は久々の楽しいひと時を過ごさせていただきました。あの後、スターバーで一杯やって帰りました。
ところで、目の具合はいかがですか。
話題の「古典酒場」、安西水丸さんの居酒屋談義。呑むほどに酔うほどに、の店の中の様子が浮かびます。
またうかがいます。
2007/09/30 21:37 by 小林
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://unami.jugem.cc/trackback/98
トラックバック
2007/08/21 10:41
いいことですね。日本人独特の繊細な表現が世界に通じて行くようになるといいですね
徳田 のブログ