Search this site
あるときは船より高き卯波かな  鈴木真砂女

**********************

銀座の小料理屋「卯波」の日々を、
そこで働くスタッフたちが綴ります。

*****************

中央区銀座1-5-14 B1
Tel:03-6228-6898
営業時間 17:30〜22:30(土日祝・定休)
<< レーシック手術報告(その2) | TOP | 目の >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
中間報告(その3)

というわけで昨日の続きである。

家に帰り、だんだん目の異物感も強くなってきたし、こんな時は寝てしまうに限る(笑)
で、目が覚めるとさすがに目はガビガビである。
痛みはとりあえずとれていたが、ショボショボしてしまい長く開けていられない。
仕方ないので、買っておいたカレーを食べてまた寝る...
そんな感じで、翌日の昼過ぎまでは食っちゃ寝食っちゃ寝で過ごす。
なんせ、本は読めない、パソコンも無理、テレビも見れないし...となると、ヒマの潰しようがない。

そうそう、薬を飲み薬5種類、目薬4種類もらっていたので、3〜4時間おきに服用する。

そして昼過ぎ、術後最初の検診の為いそいそと新宿まで出かける。
この時点で、痛みは特にないが、すぐにショボショボしてしまう状態。
右目は案外見えているが、左目はかすんでしまっている。

かすんでいるのは保護用のコンタクトレンズのせいかと思っていたが、「あ〜これは眼球自体がかすんでるからしようがないですね」と、あっさり先生に否定される。

で、なんてこともなく初回の検診は終了。
帰りにサングラスを購入。
良く見えていない目での外出はさすがに疲れたので、またとっとと寝る。

ただし4日目までは毎日通院の予定が組まれている。
その後経過が良ければ、保護用のコンタクトを外し、洗髪洗顔等も解禁される予定。


だった...
がっ!!!

翌日の朝、2度目の検診。
このとき既に、ショボショボ感もかなり薄らいでいる。
すると機械で目の状態を調べていた先生(女医さんである)曰く、「もう痛くないでしょ?コンタクト外しちゃいましょう!」
「えっ!いいんですか?」
「はい、下見てて」
コンタクトレンズを尖ったピンセットで剥がされたのは初めてである。
「早かったわね!普通4日はしておくんだけどね。明日明後日は検診来なくていいですよ。次は一週間目に来てください」
「あっ、はい...」


そんなわけで、経過はきわめて順調らしい(笑)
仕事も、月曜日は早退させてもらったが(紗希ちゃん、ありがとね♪)、火曜日からは無事に通常復帰。
本も大分読めるようになったし、後はどこまで視力が伸びるか楽しみ。
土曜日の一週間検診の結果を、乞うご期待である。
posted by 卯波 | 03:30 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 03:30 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://unami.jugem.cc/trackback/82
トラックバック