Search this site
あるときは船より高き卯波かな  鈴木真砂女

**********************

銀座の小料理屋「卯波」の日々を、
そこで働くスタッフたちが綴ります。

*****************

中央区銀座1-5-14 B1
Tel:03-6228-6898
営業時間 17:30〜22:30(土日祝・定休)
<< とある金曜日 | TOP | ポテトサラダ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
苔玉の世界

10-04-05_14-41.jpg

以前の「卯波」は地上一階にありましたが、
現在の「卯波」は、B1、地下の店舗なので、
そこへと降りていく階段のスペースがあります。

石づくりのきれいなスロープなのですが、
何もないと、ちょっとさみしい。
ということで、何かすてきなものを置きたいね、と相談していました。

そんなおり、並木通りを挟んだ斜め前の画廊スペース、
ギャラリー・ミハラヤで、ぼんさい手帖展なるものを発見。
ちょっとのぞいてみると、なんとまあ、
かわいくて丸い物体がたくさん!

聞いてみると、これ、苔玉というんだそうです。
盆栽の一種で、表面には苔を這わせて、
そこに草花を植えこむのだとか。
すぐさま、店で仕込みをしている店主の腕をひっぱり、ギャラリーへ。

中には、盆栽風のものもあれば、球体でお皿の上にちょこんと乗っているものも。
どれもかわいいね、どうしよう、と言いながら、
いくつか選ばせてもらい、そのまますぐに階段のスペースに置くことに。
手入れしてあげれば、長く長く楽しませてくれるのだそうだ。
大事にしなきゃと思うと同時に、
生きているものがあることのはなやぎを、感じたのでした。

ここに挙げてある写真は、私の自宅の苔玉です。
「やっぱり、自宅用にもほしい!」と、
翌日、同じく卯波バイトの仲間、
る理嬢とともに買いに行きました。
とにかく丸いものが好きなる理嬢。
苔玉の丸さにも目がないようで、
それこそ目をまんまるにしながら、
どの子を連れて帰ろうか、迷っていました。


ということで、お店にいらした際には、
階段スペースの苔玉も、ぜひごらんください。

10-04-05_14-40.jpg

                   (紗希・記)
posted by 卯波 | 14:44 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:44 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://unami.jugem.cc/trackback/108
トラックバック