Search this site
あるときは船より高き卯波かな  鈴木真砂女

**********************

銀座の小料理屋「卯波」の日々を、
そこで働くスタッフたちが綴ります。

*****************

中央区銀座1-5-14 B1
Tel:03-6228-6898
営業時間 17:30〜22:30(土日祝・定休)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ブログお引越しのお知らせ
このたび、このスタッフ ブログを移転することになりました!

http://ameblo.jp/ginzaunami/


スタッフ一同更新するのをわくわくしております。
ますます皆様に愛される楽しいブログとなるよう頑張りますので、
これからもどうぞよろしくおねがいします☆  (るり)

posted by 卯波 | 13:19 | - | comments(30) | trackbacks(0) |
あなたの好きな真砂女の俳句(夏)を教えてください!

卯波では、シーズンごとに2種類ずつコースターを準備しています。
そして、年々種類を増やしていきたいと考えています。

たとえば、今年の春は、



ゆく春や身に倖せの割烹着   真砂女

我が路地の帯のごとしや暮れの春   真砂女



そして、今年の夏のコースターの俳句を現在検討中なのですが、
なにしろ名句が多く、迷いに迷っております!!

そこで皆様にも、ご意見伺いたく!

☆あなたの好きな真砂女の俳句(夏)を教えてください☆

ブログにコメントくださるのでも、#unami でツイートしてくださるのでも、
お店にいらっしゃって教えてくださるのでも、大歓迎です。
期限は一応、今週中です。

よろしくおねがいしまーす!


(る理)
posted by 卯波 | 23:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ポテトサラダ

10-04-06_20-09.jpg

新生・卯波では、以前の卯波で定番だったメニューに加えて、
新メニューもつくりだされています。

定番といえば、新じゃがの揚げ煮や筑前煮ですが、
新メニューには、先日紹介させていただいた豆鯵の干物や
水茄子のナムルがあります。
この写真の「具だくさんポテトサラダ」も、そのひとつ。

ポテトサラダですから、ポテトにこだわっているのはもちろんですが、
「具だくさん」というだけあって、ユニークな具がたくさん入っています。

たとえば、百合根。じゃがいもとはまた違った、
さくさく・ほくほくとした食感があって、新感覚。
ほかにも、つくるたびに、空豆が入っていたり、
苦瓜(ゴーヤ)が入っていたり、赤ピーマンが入っていたり。
完全にマッシュされたポテトの中で、それぞれの野菜が、
いきいきと味わいや色彩を発揮しています。
今日は何が入っているのか、作っているさまを
横から見ていると、そんなことも楽しみです。


ちなみに、後ろにうつりこんでいるのは、
「梅花音」という、あさ開酒造の梅酒です。
日本酒で漬けてあるので、さっぱりとしていますが、味わいもたっぷり。
甘いお酒が苦手な方でも、梅花音ならOKなのでは?と思っています。
度数も、焼酎で漬けたものに比べて低いので、
ロックではなくストレートをおすすめしています。

実は、私もこの梅酒が大好きなので、お店で買って、
家で晩酌をするときに、いただいてます。
あれ、ポテトサラダの話のはずが、いつのまにか晩酌の話に・・・。

                      (紗希・記)
posted by 卯波 | 12:29 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
苔玉の世界

10-04-05_14-41.jpg

以前の「卯波」は地上一階にありましたが、
現在の「卯波」は、B1、地下の店舗なので、
そこへと降りていく階段のスペースがあります。

石づくりのきれいなスロープなのですが、
何もないと、ちょっとさみしい。
ということで、何かすてきなものを置きたいね、と相談していました。

そんなおり、並木通りを挟んだ斜め前の画廊スペース、
ギャラリー・ミハラヤで、ぼんさい手帖展なるものを発見。
ちょっとのぞいてみると、なんとまあ、
かわいくて丸い物体がたくさん!

聞いてみると、これ、苔玉というんだそうです。
盆栽の一種で、表面には苔を這わせて、
そこに草花を植えこむのだとか。
すぐさま、店で仕込みをしている店主の腕をひっぱり、ギャラリーへ。

中には、盆栽風のものもあれば、球体でお皿の上にちょこんと乗っているものも。
どれもかわいいね、どうしよう、と言いながら、
いくつか選ばせてもらい、そのまますぐに階段のスペースに置くことに。
手入れしてあげれば、長く長く楽しませてくれるのだそうだ。
大事にしなきゃと思うと同時に、
生きているものがあることのはなやぎを、感じたのでした。

ここに挙げてある写真は、私の自宅の苔玉です。
「やっぱり、自宅用にもほしい!」と、
翌日、同じく卯波バイトの仲間、
る理嬢とともに買いに行きました。
とにかく丸いものが好きなる理嬢。
苔玉の丸さにも目がないようで、
それこそ目をまんまるにしながら、
どの子を連れて帰ろうか、迷っていました。


ということで、お店にいらした際には、
階段スペースの苔玉も、ぜひごらんください。

10-04-05_14-40.jpg

                   (紗希・記)
posted by 卯波 | 14:44 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
とある金曜日

10-03-12_23-26.jpg

テレビで、ときどき、「お店のまかない丼スペシャル」とか
「まかない飯、いただきます!」といった企画を見るのですが、
一般的なまかないというのは、
余った安い食材を、おなかが膨れるよう
ボリューミーに仕上げているのだなあと思います。

わが「卯波」のまかないも、いつもボリューム満点なのですが、
全然「余った安い食材」じゃない!と驚くばかり。

写真は、とある金曜日のまかないの「一部」。
しめさば・カツオが、一体何人前あるだろうか。
土日が休みの卯波では、食材の新鮮さを考えると、
月曜日にはもうおだしできないね、ということで、
金曜日、その週の最後の営業日に、
余ったものは食べきってしまうのです。

ということで、金曜日の夜のまかないは、
別名、「祭り」と呼ばれています。

もちろん、たくさんのお客様に来ていただいて、
ご用意したお料理をすべて召しあがっていただけるのがいちばん!なのですが、
これは世の常、「祭り」になる金曜日もある。
そんなときは、素直に、祭りを楽しもうと思います。
もちろん、しめさば(卯波のは浅めにしめてます)も、
カツオ(八丈島産!)も、素晴らしく美味しかったです。
 

                          (紗希・記)
posted by 卯波 | 14:32 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
豆鯵

10-03-24_23-001.jpg

今日のまかない、何がいい?
と聞かれたので、食べてみたかった、豆鯵の干物を注文!

この豆鯵は、お客様のTさんが、「いいものがあるのよ!」と
教えてくださって、沼津から取り寄せたもの。
本当においしかったので、
新たな定番メニューとさせてもらっています。

焼いてもよし、さっと素揚げにしてもよし。
(私は素揚げが、よりパリパリした食感で好きです)
あ、お店でおだしするときは、
もうすこし、美しく盛ってあります!(汗)


                          (紗希・記)
posted by 卯波 | 14:09 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
HappyBirthday宗男さん★
Photo0380.jpg
 
昨日、3月19日は
宗男さんの
50回目のお誕生日でした!
(*^o^*)
 
Photo0385.jpg
(↑か、かわいい…)
 
スタッフはもちろん
お客さんからも
たくさんお祝いのお言葉やプレゼントを頂いて、
とっても幸せそうでした20090617_537515.gif
 
Photo0383.jpg
(↑アメコミに出てきそう)
 
改めてわたしたちからも
おめでとうございます。
 
これからも
がんばりましょうねっ20090711_542764.gif
 
☆ま綾☆
posted by 卯波 | 10:12 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
今日の話。
今日、お昼の支度をしていたら前の卯波の時からお世話になっていたお米屋さんの営業さんがいらっしゃった。

お米について熱く語っていたのですが、その中で勉強になった話を書いてみたいと思います。


まずはお米を美味しくいただく方法。

皆様お米を研いだ後、お水にどのくらいの時間浸水させておきますか?!

私は一時間くらいしていたのですか、美味しく炊くには……

お米を“研いだ”後、水温四度のお水で約二時間!!浸水させておいたあと炊くと美味しくいただけるそうなんです。知らなかった汗


なんで美味しく炊けるのかと言うと……








忘れました汗汗

頼りないスタッフでごめんなさい。



私は美味しく食べれるならなんでもいいひらめきわーいという適当な脳の持ち主なものでイヒヒ
私の話はともかく、水温は四度、浸水は二時間!!こうすればふっくらと美味しいお米になるんだそうですよぴかぴか簡単、簡単!!

そして、印象的だった話の二つ目。


茶碗一杯で米粒が何粒入っているか想像がつきますか?!

だいたいこのくらいだろうひらめきと想像してみて下さい。



今日のお米屋さんのお話しでは、茶碗一杯“約3200粒”なんだそうです。

稲穂として考えると、一本約70粒のお米がなります、稲穂一株が18本。

そうして考えると、お茶碗一杯で必要な稲穂は約二株半必要になるそう。


想像より多かったですか?それとも少なかったですか?!
私はもう少し多いかな?と思ってました。

その後もお米に関して色々と説明して下さいましたが、私の頭の中はこの話でいっぱいになってしまいました(笑)お許し下さい。



今日はお米の話をお送りしました!!

いかがでしたか?!

お家でも美味しくお米をいただく方法を試してみて下さいねわーいぴかぴか




記憶がなくならないうちにこうして書いていますが、私は文章を書くのがとても苦手です。乱文、どうぞお許し下さい。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今日もお仕事ご苦労様ですチョキ
仕事帰りに卯波で一杯いかがですか?

店主、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

posted by 卯波 | 17:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
3月15日(月)のまかない
10-03-15_23-20.jpg
なめこおろしちからさぬきうどん

おひなまつりにお店で飾っていた菱餅も、焼いて載せました。三人で、一色ずついただきました。

だしもさっぱりしていて美・味・し・い!


(紗希)
posted by 卯波 | 01:07 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
「卯波」再開のお知らせ


2010年2月15日、小料理屋「卯波」は、
再オープン日を迎えました。

場所は、以前営業していた路地をはさんだ、
向かいのビルのB1。
しかも、住所も同じ、銀座一丁目5−14です。

こんなに近くの物件が空くなんて、と
皆で驚いていたのですが、
これも、いつかお店を再開したいという思いを、
お稲荷さんが聞き届けてくれたのかもしれません。

1月にオープンが決まり、
2月15日から営業開始。
そして今日、開店からちょうど一か月が経ちました。

この一か月、お店にいらしてくださったみなさま、
お花を送ってくださったみなさま、
開店にお力添えをくださったみなさま、
いろんなところで卯波再開を喜んでくださったみなさまに、
心から御礼申し上げます。

ひとつ、重要なお知らせが。
電話番号が、以前とは変更になります。

03−6228−6898

営業時間は17:30〜22:30(土日祝・定休日)です。
ご予約も承っております。
新しい「卯波」を、
どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。


追伸:
また、このブログも、新装開店します。
「店主のぼやき」改め、「卯波スタッフブログ」として、
店主・今田宗男とスタッフの女性陣が、
卯波にまつわる(ときには日常的なことも含めて)
さまざまな出来事を、記事にしていきたいと思っています。
こちらも、あわせてお楽しみいただければと思います。

posted by 卯波 | 04:35 | - | comments(1) | trackbacks(0) |